プロミスは土日祝日でも審査可能
消費者金融『プロミス』の審査基準とは!?

消費者金融『プロミス』の審査基準とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『プロミス』とは、昭和37年創業の国内でも常にトップクラスの消費者金融サービスで、お金に困ったという場合には、スピーディに融資をしてもらえるということもあり、多くのサラリーマンやOL、事理業者などが利用をしています。

最近では、インターネットなどから、24時間365日いつでもお好きな時間に申し込みを行えるようになっており、簡単な入力だけで、すぐに審査結果を知らせてもらうことができます。

プロミスで人気のフリーキャッシングとは?

なかでも、最大500万円までのフリーキャッシングが人気となっており、担保や保証人も不要で、運転免許証などの本人確認書類を提出するだけで、すぐに融資キャッシングが可能です。

契約額は、指定の契約額(極度額)の範囲内で、『プロミス』が決定した金額までを、自由に何度でも借り入れをすることができ、借入利率は実質年率、年:4.5%~17.8%までとなります。

返済日は、毎月5日、15日、25日、末日の中から、ご自身の都合に合わせて選ぶことができ、返済期間は、最終借入後から原則、最長6年9ヶ月まで、返済回数は1~80回までとなります。

返済方式は、残高スライド元利定額返済方式となりますが、返済例として、例えば10万円の借り入れをした場合、借入利率は17.8%で、30日後の一括返済の場合では、総返済額は101,463円で、利息は、わずか1463円となります。

また、30日毎の12回分割返済の場合では、目安として、月々の返済額は9,158円となり、総返済額は109,984円、利息は9,984円となります。

10万円を借り入れても、1万円未満の利息ですので、困っている時には非常にありがたいのではないでしょうか。

ただし、遅延利率は、実質年率年:20.0%となりますので、返済日には遅れないように返済を行うようにしましょう。

プロミスは、安定した収入があれば大丈夫!

また、お申込みいただける方については、『プロミス』の審査基準では、借り入れの申し込み時点で、年齢が満20歳以上、満69歳以下の方で、申し込みの本人に安定した収入がある方が対象となります。

安定した収入さえあれば、主婦や学生、パート、アルバイトの方でも申し込みをすることが可能です。

また、派遣社員、契約社員の場合でも安定した収入があるとみなされますので、申し込みを行えます。

ただし、専業主婦の場合は、申し込みの本人に収入がないため、申し込みをすることができません。

その場合は、配偶者(夫または妻)の名義で審査を申し込まなければなりませんので、注意が必要です。

また、浪人生やニートの場合でも、アルバイトなどで収入を得ていれば、審査基準を満たしていることになります。

しかし、アルバイトなどの場合は、ある程度の期間は勤務したうえで申し込みをする方が、審査には通りやすいかと思います。

借り入れ限度額は、あくまで収入に応じて決定されますので、ご自身の収入を考慮しながら借り入れ希望金額を決定するようにしましょう。

プロミスの申し込みに必要な書類は?

最後に、『プロミス』のキャッシングを申し込む際に必要な書類は、本人確認書類として、運転免許証、またはパスポートのいずれかになります。

日本国正規でない場合には、在留カードまたは特別永住権証明書を準備しましょう。
※法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む

また、借り入れの希望額が、50万円を越える場合や、既存の借り入れ額と新たに『プロミス』で申し込みを行う希望金額との合計が100万円を超える場合には、収入証明書類として、最新版の源泉徴収票、確定申告書、または直近の2か月分+1年分の賞与明細書を合わせた給与明細書のいずれかを提出しなければなりません。

また、提出する書類に、個人番号(マイナンバー)が記載されている場合には、その部分を黒く塗りつぶすなど、見えないように加工のうえ提出するようにしましょう。

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

▲ページトップに戻る