プロミスは土日祝日でも審査可能
プロミス審査に落ちる人の傾向とは?

プロミス審査に落ちる人の傾向とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミス審査に落ちるのには理由があります。

ただしこの理由はプロミス側から本人対して示されるわけではありません。

審査に落ちた側としては、次の申し込みのための対策を立てるためにも落ちた理由を知りたいのですが、審査の過程や内容が明らかにされないのと同じように、理由についても開示されることはないのです。

もっとも審査についての詳細な情報を提供するのは、金融機関にとってはマイナスになることも多いので、この点については仕方のないこととも言えるでしょう。

ただしプロミスと契約できなかった人には一定の傾向が見られます。

プロミスに限らず、金融機関のカードローンを断られる人にはそれなりの理由があるのです。

逆に言うと、これから提示する代表的な原因をクリアさえしておけば、カードローンを利用できる可能性はグンと上がるということです。

それぞれが自分の立場に置き換えてみて、不利となる条件を備えていないかどうかチェックしておくといいでしょう。

すでに多額の借金を抱えていませんか?

まず審査に落ちた理由としてあげられるのが、すでに多額の借金を抱えていることです。

特に年収の3分の1を超える借入れのある人は、貸金業法で定める総量規制の関係上、基本的には消費者金融を利用することができません。

銀行なら可能性はありますが、そもそも高い審査基準で知られる銀行が、多額の借金をしている人にお金を貸し出すかどうかは疑問です。

ではいったいどこからが多額の借金になるかと言うと、これは各金融機関の判断になるので一律に述べることは不可能です。

ただ借金の総額だけでなく、借り入れ件数も重要な要素になることを忘れてはいけません。

借金の総額がそれほどでなくても、借り入れ件数の多さが不利に働くのはよくあることなのです。

金融機関としては、小口融資をさまざまなところから得ている人は非常にお金に困っている人とみなします。

ですから融資は不可能という判断が下されやすいのです。

よく比較をしてから申し込みをしましょう

また借り過ぎにも注意が必要なのですが、申し込み過ぎというのも禁物です。

いわゆる申込みブラックと呼ばれるものですが、同じ時期に複数の金融機関にカードローンを申し込むと、それだけで契約できないことが多いのです。

申し込みをした側としては、保険として他社にも申し込みをしただけかもしれませんが、金融機関側はそうは思いません。

単純にお金がどうしても必要なほど困窮しているとみなすので、確実に契約することはできないのです。

もちろん信用情報機関を通して他社への申込み状況も把握されています。

一般的には1カ月以内に3社を超えるような申し込みをしていると、この申込みブラックになるとされています。

無理なく返済できる利用希望額でしょうか?

多額の借金や他社からの借り入れもなく、申込みブラックでもない人が落ちた場合は、利用希望額と自分の収入状況などが一致していないことが考えられます。

要するに、高望みしすぎているというわけです。

金融機関としても貸したお金が返ってこないのでは困りますので、返済能力についてはしっかりと考慮します。

利用希望額と返済能力のバランスが取れていない人には、当然ながら融資をすることはありません。

もちろん過去に金融事故を起こしたことのある人は、プロミス審査だけでなく他の金融機関の審査でも確実におとされます。

延滞や債務整理などをした経験がある人は、その情報が信用情報機関から消去されない限り、カードローンを含む各種ローンを利用することは不可能です。

自分の信用情報が気になる人は、信用情報機関で登録情報を開示してもらうといいでしょう。

一方で、全く信用情報機関に情報が登録されていないということが不利になることもあります。

これはスーパーホワイトと呼ばれる人達です。

30歳を超えるようないい大人になって、ローンを利用したり、クレジットカードを作ったことがないというのは、かえって怪しいと思われてしまうのです。

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

▲ページトップに戻る