プロミスの審査に通るには、満20歳以上69歳以下で本人に安定収入があることが条件となります。
安定収入といっても必ずしも高い年収が必要ではありません。例えば正社員でなくパート従業員やアルバイトなど非正規雇用の人でも審査を受けることが可能です。

審査では年収の高さよりも安定性が重視されます。アルバイトの人でも毎月必ず一定額以上の安定した収入がある人なら、
滞りなく借入金の返済を続けることが可能だと判断されます。

逆に年収の高い正社員でも成績による歩合比率が高く給与額の上下変動が大きいと、審査では安定収入とは見なされない場合もあります。

審査項目については正直に報告するのが大前提となります。審査では安定収入が重視されるので年収や勤続年数を少し多めに記入したくなる気持ちもわかります。
でもプロミスは長年の経験と実績によるノウハウの蓄積で高度な調査能力があるので、仮に虚偽の申告をしてもすぐにバレてしまいます。

結果的に申込者の誠実さや信用性に問題があると判断されて、審査では大きなマイナス評価となります。なので審査項目は必ず正直に正確に記入しましょう。

正社員で年収が高くても必ず審査に通るとはいえません。審査でもう1つ重視されるのが信用情報です。
プロミスでは専門の情報調査機関を使って、申込者の他社借入の状況や過去の借入履歴や金融事故についての調査確認を行います。

このとき他社借入が既に3社以上あると審査通過が厳しくなります。
また総量規制により複数の業者からの借入総額が年収の3分の1を超える人は、それ以上の新しい借入はできません。返済遅滞や債務整理などの金融事故暦がある場合も審査落ちの対象となります。

審査ではイージーなミスにも注意が必要です。申込みの記入項目で誤字や脱字や記入漏れなどがないようにキチンと確認して、正確な情報の記入に勤めましょう。

特に電話番号の数字や住所の誤字には細心の注意を持って正しく記入することが大切です。

またキャッシング初心者の中には、審査通過に不安があるため軽い気持ちで同時に複数社の申込みをする人がいます。
この場合は申込ブラックと判断されて審査落ちの原因となります。
1度に複数の会社に申込む必要がある程お金に困窮していると見なされるからです。

プロミスの審査を受けるときには正しい知識を持って事実を正確に報告することが重要だといえます。

関連記事一覧