プロミスは土日祝日でも審査可能
プロミスを利用する際に利用明細を送られない様にする方法とは

プロミスを利用する際に利用明細を送られない様にする方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金を借りていることが周囲にばれると恥ずかしいという人もいるので、なるべく内緒にするために郵便物を送られないようにしたいものです。

プロミスの利用明細とは?

プロミスを利用していると、入出金をする度に自宅に利用明細が届くようになっています。

利用明細には借り入れ、返済後に借入残高や金利、遅延損害金といった情報が記載され、貸金業法によって利用者にこれらの情報を提示することを義務づけられているため、必ず発行されるものとなっています。

郵送されたとしても、差出人は「事務センター」や「ACサービスセンター」など明確なブランド名が記載されていないので、他人にばれる心配はありませんが、どうしても郵便物が届くのが嫌だという場合は別の方法を考える必要があります。

利用明細が発行される条件とは?

前述のように情報を提示することが義務づけられているため、逆に借入残高や金利、遅延損害金の情報が記載された明細書が発行できる方法で取り引きを行えば、自宅に郵送されることはありません。

ネットキャッシング、ネット返済、口座振替はその場で明細書が発行されないため、必ず郵送されることになっていて、さらにプロミス提携以外のATMを利用した場合も同じように郵送されます。

ただし、提携しているATMであれば必要な情報が記載されているので、自宅に利用明細書が届くことはありません。

具体的にはプロミスの提携、セブン銀行、イオン銀行、三井住友銀行のATMで、これらは法律に基づく必要事項が記載された明細が発行されるので、再び明細書を発行して郵送することはないのです。

とはいえ、必ずないとも言い切れず、コンビニATMを利用して送付されることは考えられませんが、何らかの理由によって送られてくる可能性もあります。

また、コンビニATMなどに毎回足を運ぶのも面倒で、その場で操作することで簡単に行えるネットキャッシングやネット返済を利用したいという人も少なくありません。

お得な電子交付サービスを利用しましょう!

利用明細の郵送を完全に止める手立てとしては、ひとつだけ方法があり、「電子交付サービス」というものを利用すれば自宅に郵送されるのを止めることが可能です。

電子交付サービスとはインターネット上で利用明細を確認することができ、PDFに書き出すことでプリントアウトすることもできます。

電子交付サービスを利用するのは非常に簡単で、申し込みの際に「書面の受取方法」を「Web明細」で利用する方にチェックを入れるだけで済みます。

インターネットからの申し込みや自動契約機、あるいは書面での記入時でも選択肢はあるので、必ず忘れないようにチェックを入れておきましょう。

申し込み時に忘れていた場合や、既に契約していて明細書が届いている人でも、会員サービスにログインして連絡方法から変更手続きをすることで解決します。

あるいはサービスカウンターに電話で連絡しても可能なので、早めに変更しておくと良いでしょう。

プロミスとしても発行するための手間や印刷代などの費用を削減することができるので、利用者に勧めている方法です。

ちなみにプロミスでは、Web明細とメールアドレスの登録をすることで、30日間の無利息サービスが利用できるようになっています。

その名の通り、借入を行ってから30日間は利息が発生しないようになっているので、少しでも返済の負担を軽くしたいというのであれば利用しない手はないでしょう。

30日以内に一括返済できれば、利息0円ということにもなるので、上手く活用すると良いでしょう。

Web明細によっていつでも確認できるので、今月はいくら借りたか、現在の借入残高がいくらかといった情報がすぐに調べられて、返済計画が立てやすくなります。

また、印刷することでいつでも紙に残すことができ、紛失しても再び発行することが可能というメリットがあるので、余程の事情がない限りは利用しない手はないでしょう。

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

▲ページトップに戻る