消費者金融のプロミスのカードローンにホームページから契約を申し込むと、
最短30分程度で正式な審査の結果の連絡が来ます。それだけ早く審査を終わらすことができるからこそ、即日融資が可能になっていると言えます。

カードローンの審査というのは申込者に借入金を返済できるだけの資金力があるかどうかを判断するためのものですが
通常、仮審査と本審査の2段階に分かれており、仮審査では申込書類に記載されている申込者の生年月日や勤務先、年収、雇用形態、借入金の有無などの属性情報によって、大筋での貸出の可否を判断します。

プロミスの仮審査ではコンピュータによる「スコアリングシステム」によって、貸出の可否を瞬時に判断できるようになっています。

スコアリングシステムと言うのは、過去の莫大な数のカードローン利用者の情報を、年齢や収入、勤務先、職種、雇用形態、勤続年数、社会保険、住居、家族構成など、同じ属性ごとにクラス分けし、
クラスごとの過去の借入実績を数値評価してランク付けしたものです。

そして、カードローンの契約を申込まれた際に申込書に記載されている属性情報をコンピュータに入力すると、コンピュータが各クラスのデータと照合し、一瞬にして申込者の評価を出力します。
例えば、申込者の属性が高ランクのクラスに該当すれば、高点数となって貸出の可能性が高まりますし、申込者の属性が延滞実績などが多いために評価の低いクラスに当てはまると、貸出を断られたり、利用可能額が少額に設定されたりします。

仮審査のスコアリングによって融資の可否が判定されると、次に本審査となりますが、主に信用情報機関に照会したデータが審査対象になります。

指定信用情報機関に登録されている申込者の過去の借入履歴や遅延の有無、現在の他社からの借入額などを詳しく調査します。
そこで、他社からの借入額が年収の3分の1に近くなっている場合や、債務整理などの返済事故があった場合はその時点で貸出不可となりますが、何も無ければ貸出が決定します。

ちなみに、自動契約機においても同様なシステムが利用されています。

関連記事一覧