プロミスは土日祝日でも審査可能
プロミスのキャッシングで融資不可能になる3つの理由

プロミスのキャッシングで融資不可能になる3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミスでキャッシングを利用しようと審査を受けた場合、融資不可能と言う結果になる事もあります。

一つ目:今の職場で働きだしてからあまり時間が経過していない

プロミス等金融機関でお金を借りる場合は、安定した収入が必要不可欠となっています。

もちろん定職についていれば収入はある事は証明できますが、働き出したばかりの場合はその後の給料がどのようになるかまだはっきりしていない状態です。

そのため、就職、転職をしてから半年程度経過していない場合はまだ安定した収入があるとは証明できないという事で、結果的に融資不可能と判断されてしまう場合があります。

収入がどれだ高い仕事に就いたとしても勤続年数は重視されるポイントとなる為、少なくとも半年以上同じ職場で働いてから融資の申し込みをします。

二つ目:他社借入件数が多い場合です

消費者金融等金融機関を利用する件数に制限は設けられていません。

その為に実際には何社からでも借り入れをする事は可能となっています。

しかし沢山の金融機関からお金を借りているという事はそれだけお金が必要な状態になっている証拠と言えます。

また借入件数が多ければ多い程自分での借金の管理が難しくなって行ってしまい、最終的には返済できずに貸し倒れとなってしまう可能性も秘めています。

その為、プロミスの側としてもリスクが高い人に積極的に融資したいとはならないので、融資の申し込みをしても審査に通らずに融資不可能と判断されてしまいます。

三つ目:そもそも収入が無い

プロミスを始めとして消費者金融を管理している法律が貸金業法です。

そこで決められているルールの一つが総量規制と呼ばれる物で、このルールによって消費者金融を利用する時は年収の3分の1までしか合計で借入れをする事が出来ないという事になっています。

収入があれば年収の3分の1までと言う事になりますが、このルールでは無収入の人はそもそも消費者金融の利用資格がないという事になってしまいます。

プロミスでは安定した収入のある人、と言うのを融資対象車の条件としており、収入が無い人は年齢制限を満たしていたとしても融資してもらう事は出来ません。

正社員などで働いていなくても、パートやアルバイト等の仕事でも安定した収入があると証明する事が出来ればその年収の範囲内で融資を受ける事が出来るので、無職の人はまずは仕事を探して収入がある状態にする事が先決です。

プロミスは大手の消費者金融として有名な金融機関だから・・

しかし誰でも利用する事が出来る訳ではなく、融資対象者の条件を満たしており、審査で融資可能と判断された人のみが利用する事が出来ます。

実際に審査を受けて融資不可能となった場合もその理由が公になる事はありませんが、なぜ融資不可能と判断されてしまったのか分からずに何度も融資の申し込みをすると時には申込ブラックの状態になってしまう可能性もあります。

それを避けるためにもどういった場合は融資不可能となるのか、その理由について予め知ってから融資の申し込みをします。

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

▲ページトップに戻る