プロミスは土日祝日でも審査可能
アコム、プロミス、モビットの金利比較

アコム、プロミス、モビットの金利比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

給料日はまだ先だけど、どうしてもまとまった資金を用意しなければ大事な契約が無効になる時もあります。

そんな時のためにしっかり蓄えておけばいいですが、蓄えがまったくない場合は、資金を用意することが困難になります。

友達に頼んでお金を貸してもらうのもいいですが、友達とのお金の貸し借りは後で関係が悪くなるので、できればしない方がいいでしょう。

カードローンは手続きが簡単!

誰にも迷惑をかけずに資金を用意する方法として、金融業者のカードローンを利用する方法があります。

連帯保証人をたてなくても申込めるので、手続きも比較的簡単なのが特徴です。

最近は消費者金融だけでなく、地方の銀行や信用金庫でもいろんなカードローン商品を扱っているので、自分のライフスタイルにあわせて選べるようになりました。

ただし銀行や信用金庫は、年収いくら以上とか勤務年数が何年以上などの条件が厳しいのでよく確認してから申し込む方がいいでしょう。

消費者金融は審査スピード・即日融資!

消費者金融は、審査スピードも早く即日融資にも対応していることが多いです。

消費者金融の中でも人気なのが、プロミス、アコム、モビットです。

それぞれに特徴があるので、じっくり比較して自分が借りやすく返済しやすい所に申込むといいでしょう。

返済を少しでも楽にしたいなら、金利がとても重要になってきます。

金利が少し違うだけでも、長い期間返済し続けているとかなりの額が違ってきます。

金利・サービス内容で比較してみましょう!

プロミスの実質年率は、4.5%~17.8%で、アコムは4.7%~18.0%、モビットは3.0%~18.0%となっています。

大きな金利の違いはないので、サービスの質などで比較して選ぶといいでしょう。

プロミスとアコムは、初めての借入の時に30日間の無利息サービスが利用できます。

すぐに返済できる予定がある人が利用をすると、とても返済が楽になります。

ただしそれぞれ利用できる条件が違うので、利用する前に条件をしっかり確認するといいでしょう。

カードローンは限度額の範囲内なら、何度でも借入ができるので便利ですが、限度額は業者によって違うので注意が必要です。

プロミスとアコムの最高限度額は500万円で、モビットは800万円となっています。

しかし最初から最高限度額に設定できるわけではなく、最初は低めに設定されます。

ある一定期間返済実績を積むことで、限度額を増額することができます。

限度額の増額には、審査があるので返済延滞や他社からの借入がある場合は、増額は難しくなります。

カードローンに申込む場合は、申し込み用紙に書かれた職場で本当に働いているか、電話での在籍確認があります。

しかし、職場に貸金業者から電話がかかってくると、キャッシングすることが同僚に知られるので嫌だと思う人もいます。

貸金業者の名前は名乗らず、個人名で名乗るので心配いりませんが、それでも知らない人から電話がかかってくると、怪しまれると思う人もいます。

モビットのWEB完結ならば、電話の在籍確認はないので安心です。

ただしモビットのWEB完結を利用する場合は、提携の銀行口座を持ってることや、社会保険証や組合証を持っていることが条件となるので気をつけてください。

プロミスもWeb完結なら郵送物なしでばれずに借りられます。※対象金融機関は200行以上あります

カードローンに申込む場合は、審査スピードが早い方が便利です。

プロミスやアコムなら、審査スピードも最短30分と早く即日融資にも対応しています。

即日融資を受ける場合は、必要書類をしっかり用意しておく必要があります。

契約額によっては、所得証明書も必要になるので、あらかじめ職場から取り寄せておきましょう。

今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ今スグ申込みたい方はコチラ

▲ページトップに戻る